タイムレコーダー進化した物を取り入れる

おすすめのタイムレコーダーは普通に押して使うタイプだと思っていました。以前の会社では最初はそうでしたが、途中からパソコンで処理するようになりました。どうしても慣れないので、押し忘れてしまう事が多くなったのです。毎日やっていたら必ず慣れます。最近は勤怠管理ソフトが導入されてとても便利になりました。それでしたらかなりスムーズに事務処理が出来ると思います。毎日押したりパソコンに各人が入力する物なので、出来るだけ効率化を図る必要はあると思います。会社で今後も大きな課題として考えるべき事なのではないでしょうか。ただし最新式だから全員がやりやすいかどうかは分かりません。昔ながらの物がなじんでいるのでいいという人もいます。新しい物に変わって、押し忘れが多くなった事がありました。

そんな時にはいちいち上司に報告しなければなりませんので、手間がかかります。一日も早く慣れる必要があると自分に言い聞かせていました。仕事を頑張りつつやり方が変わると順応しにくくなる人もあるという事です。それは年齢にもよると思いますので、会社側も臨機応変に考えて欲しいと思いました。中には不正に押す人もいるらしいのでそれをなくすと言う事でしたら、パソコンで処理するのはいい事です。集計の手間を考えたら取り入れた方がいいシステムがあるので、検討したらいいです。それで手間が省けて、別の仕事に回す時間が出来たらかなり助かります。各人がいかに効率よく仕事をするかは重要だと思うからです。それは会社の利益にも繋がりますので、検討する事をお勧めします。若い人はすぐに慣れるのでいいと思いますが、長年努めている人はそれなりに考慮してもらったら助かるのではないでしょうか。不正の打刻に悩んでいる事務員もいるはずです。

早退しているのに打っていない事もありますので、各人が正しい気持ちで使うようにする必要があります。それは肝に銘じて会社側からも朝礼等できちんと伝えるようにした方がいいです。ルーズな人は会社の利益にならないからです。それはいかに上司が部下を管理しているかにも繋がります。人件費とコストがかかり無駄な事をやっていたら、早急に解決するべきです。それは事務員がきちんと上司に報告する必要があります。打刻しない事で会社に損失が出るのです。いい加減にやっているという人がいたら、注意する必要があると思います。指で認識する物があるので、それでしたら不正が確実に防げます。

コメントする

*