タイムレコーダーを導入してみませんか?

タイムレコーダーを導入されている会社は多いですよね。タイムレコーダーは、社員の勤務を管理する為に、非常に便利な道具ですよね。中には、タイムレコーダーは、温かみがあまり感じられないので、好きではないとおっしゃる方も居ます。確かに、人には色々な考え方があるでしょう。でも、実際の所、管理をする事を考えた場合に、やはり、タイムレコーダーが便利なのは、確かではないでしょうか。タイムレコーダーを導入する事を考えてみても、損は無いでしょう。タイムレコーダーの利点はどういった所にあるのでしょうか。やはり、タイムレコーダーの一番の利点というのは、きっかりとした時間が分かるという事です。

例えば、時給で社員を雇っている場合はどうでしょうか。基本的に、人間というのは、全てを把握する事は出来ません。忙しい時には、どうしても、一人一人に目を配る事が出来無いのは当然ですよね。例えば、遅刻をしても、全てを把握する事は出来ないでしょう。何か忙しいなばたばたしているなと思ったら、一人まだ、出社していないという場合もあるのではないでしょうか。もし、タイムレコーダーを導入していなければどうでしょうか。その社員が、実は、出社はしていたけれども、違う仕事をしていたと言ってしまったら、証拠が無い訳ですし、管理する方としても、何も言えなくなってしまいますよね。それは、会社にとって、非常に大きな負担になるのではないでしょうか。でも、タイムレコーダーを導入すれば、そういう事もなくなるのではないでしょうか。タイムレコーダーは、時間をきっかりきっかり示す事が出来ますよね。

例えば、会社に来た時間、会社から出た時間を、はっきり証拠として残す事が出来ますよね。それは、会社にとっても、社員を管理する部分として、非常に、利点があるのではないでしょうか。タイムレコーダーを導入する事で、その勤務時間を、きっかりと知る事が出来るのです。会社にとって、勤怠管理というのは、非常に大切な物でしょう。社員としては、非常に管理されてる感じがして、ちょっと嫌だと思ってしまう方も、おられるかもしれません。だけれども実際に、どうしても、なぁなぁになってしまうと、会社全体の士気にも関わって来るのではないでしょうか。それは、会社としても回避しなければならない問題でしょう。だから、会社としても、タイムレコーダーを導入してみたらどうでしょうか。社員をきっちり管理して行きましょう。

コメントする

*