生活シーンに合わせたラグマットの選び方のコツ

家具はリビングに置くものとダイニングに置くものでは種類が異なっているように、ラグマットも敷く場所でどれくらいの人が何をするかによって変わってきます。それに加えて、床を中心としての生活する空間かソファやイスを中心とした生活空間化によってもラグの役割というものは異なってくるため、あらかじめ生活シーンを具体的にイメージした上で、サイズや素材などを選ぶようにすると良いでしょう。例えば、ソファ中心の生活空間であれば、テーブルの下に敷くくらいの小さなサイズのもので十分です。また、就寝前にゆったりとくつろぐためや安眠を目的としたベッドサイドの空間に敷く場合は、保温性や安全性を優先して、ベッドサイドに敷くのがおすすめです。育ちざかりの子供がいる子供部屋に敷くのであれば、床の汚れや傷を防止するために丈夫で遮音性の高いものを選び、素材も遊び毛が出にくいものの方が安心です。

ラグマットをもっと有効利用しよう

ラグマットは、今やお部屋のインテリアとして大人気の商品です。形やサイズも様々で、ワンルームの賃貸から戸建て住宅まで活躍しています。単なる飾りとしてではなくもっと有効利用することで、ワンランク上の快適さを実現させましょう。本来ラグは家具がフローリングを傷つける事を防ぐ目的で敷いたり、寒さ対策として敷いています。その他滑り止め効果であったり、空間を区切る役割も果たします。使用する人の目的をはっきりとさせることで様々なアレンジの仕方があるので、今一度ご自宅での使い方を見直してみてはいかがでしょうか。さらに目的に応じて素材を選ぶのもポイントです。子供部屋にはポリエステル素材のものを選べばお手入れが簡単ですし、共有スペースであれば綿素材がおすすめです。綿素材は肌触りが良いため、多くの人から人気があります。ウール素材であれば冬は暖かく夏は涼しいので、快適な生活を送ることが出来ます。

ラグマットで変える部屋の印象

インテリアに興味があるけれど、どこから自分好みに変えていこうか迷う事がありますよね。そんな時にはまず面積の大きな物から目指したい色、柄、素材感のものに変えていくと、印象を大きく変える事ができてその先のイメージも掴みやすくなります。面積の大きなものというと、カーテンや壁紙、ベッドカバーなどが考えつきますが、それらを変えるとなると意外と労力がかかることも多いです。そんな時にはラグマットを変えるのが手軽な方法の一つです。ラグは部屋に必ずあるというものでもないですので、敷いていない家庭も多いかもしれません。そんな場合はより大きく印象を変化させられますね。ただ敷くだけなので、季節にあった素材を取り入れたり好みが変わった時に変更するのも容易です。自分好みの部屋になっていくと気分も明るくなれますね。興味がある方はぜひインテリアにラグマットを取り入れてみましょう。

生地の無料サンプルを送料無料でお送りします!ご検討下さい! カーペットのお見積り・お問い合わせは「インテリアゆうあい」へお気軽にどうぞ! インフルエンザウィルスも不活化!消臭・抗菌効果もある光触媒カーペットもオススメです。 当HPにてカーペットについての選び方などを紹介しております!商品と合わせてご覧頂ければ幸いです! ラグマットのことならインテリアショップゆうあいへ